妊娠中には避けよう、こんなこと

妊娠中は無理をせずにおなかの赤ちゃんを大切に

*

喫煙の悪影響は妊娠前から産後も続くという現実

妊娠中に喫煙することは、子供に影響するため良くないと一般的に言われて認知されてる方も多いですが、実際にはどのような影響があるのかご存知でしょうか?喫煙は妊娠中だけでなく、妊娠前、産後にも悪影響があり、赤ちゃんのことを考えると喫煙は害でしかありません。

妊娠中の喫煙の危険性

主に言われているのが、流産・早産の危険性、低体重児、胎盤が子宮口にかかってしまう前置胎盤、また先天性の障害をもつリスクが非常に高まります。さらに身体に及ぼすこともあり、母親の喫煙は害でしかないと言えます。

タバコに含まれるニコチンなどの有害な物質がそのまま母体に吸収され、血管を収縮させることが主な原因です。

血流が悪くなることによって、子宮への血液の循環も悪くなり、結果胎盤の機能が著しく低下してしまいます。

子供に栄養は胎盤を通して送られているため、子供に必要な栄養が損なわれることになるのです。

実際に研究結果で、喫煙者の方が出産後の子供に身体、心身に影響が出やすい報告もあります。

禁煙するなら妊娠前から

禁煙するなら妊娠前から

妊娠前から始まっているタバコの害

妊娠前の段階でも、喫煙の人の方が不妊率が高くなることもわかっています。妊娠を希望している方は、妊娠が発覚する前から禁煙された方が妊娠しやすく、子供への影響がでる妊娠中も禁煙を続けることが出来ます。

また産後も喫煙は影響し続けます。子供は大抵、母親からの母乳を栄養として体内に取り組みますが、その母乳は血液からできています。喫煙することで、血液にニコチンが吸収されますので、そのまま子供へとニコチンが移動します。

それが原因となり、乳幼児における突然死症候群、気管支喘息が発症することも研究結果で明らかになっています。

妊娠前、妊娠中、出産後、すべてにおいて喫煙は子供にとってマイナスであり、害となります。

ストレスのために喫煙する、口がさみしいといった理由であれば、子供のことを考えて、カラオケで大声を出す、軽い運動をするなど、別の方法を検討した方がいいですね。

 - 生活 ,