妊娠中には避けよう、こんなこと

妊娠中は無理をせずにおなかの赤ちゃんを大切に

*

自転車やバイクの振動がおなかの張りの原因に

妊娠中は自転車やバイクに乗らない方がいいといわれています。妊娠後期ならお腹も大きくなってバランスが悪くなるので乗れないけれど、妊娠初期も乗ってはいけないのか疑問に思う方もいるかもしれません。妊娠中に自転車やバイクに乗るとどんな影響があるのでしょうか。

早産や流産のリスクを高める

妊娠中は、赤ちゃんが育つためにお母さんの体内の中では急激な変化が起きています。そのひとつにホルモンの急激な変化です。

妊娠中はホルモンの影響で集中力が低下し、判断力が鈍くなる傾向があります。万が一の時に、とっさの判断ができなくなるのです。

また、自転車やバイクのに乗ると座面と子宮は非常に近いです。

自転車やバイクの振動が子宮を刺激してお腹が張りやすくなります。さらに、自転車はペダルを漕ぎますので、それによって腹圧がかかり、子宮の収縮が起こりかねません。

ちょっとした行動が流産・早産のリスクを高めてしまう可能性があるので、自転車やバイクに乗らない方が無難だと言われているのです。

他の交通手段を考えてみよう

妊娠に気づいたら、自転車やバイクなしでも生活できる方法を探してみましょう。

自転車などで買い物をされていた方は、ネットショッピングがお勧めです。

今、ネットスーパーは充実して、お店と同じものが購入できますし、母子手帳があれば、送料が安くなるサービスもあります。

それでも、自転車やバイクが生活の必需品で、手放せない方もいるかもしれません。自己判断で決めるのではなく、一度お医者さんに相談されるのがいいかもしれませんね。

 - 生活 ,