妊娠中には避けよう、こんなこと

妊娠中は無理をせずにおなかの赤ちゃんを大切に

*

妊娠がわかったら飲酒は控えよう、「胎児性アルコール症候群」の危険性

近年、女性の飲酒率は増加の傾向にあります。そんな中、妊娠した女性の飲酒についての問題が取り沙汰されています。妊娠がわかっても飲酒をする方がいるようですが、お腹の中への赤ちゃんには悪影響しかありません。妊娠がわかったら、飲酒は控えましょう。

妊娠したら飲酒は控えよう

飲酒は控えよう

飲酒は控えよう

一般的には1日の平均飲酒量がグラス1杯程度で、1回の平均飲酒量がグラス4杯未満であれば、胎児への影響は少ないと言われています。

また妊娠に気づかず飲酒してしまった場合は、ごく初期の妊娠ならばほぼ胎児に影響はないとされています。しかし、アルコールの怖いところは習慣性があるということです。

知らずに量が増えていくこともあり危険です。胎児に良い事は何もないので、できるだけアルコールを摂取しないことをお勧めします。

ただ、お酒が大好きな女性は、我慢しすぎることでストレスが溜まるのも良くありませんから、他に何かストレスを解消できる何かを見つけられるといいですね。

基本的には妊娠したらお酒は断ちましょう。また、ノンアルコールドリンクを利用するのも手です。どうしてもアルコールに近いものを飲みたくなったときには飲むと良いでしょう。

お酒を控えるとスイーツに走る女性もいらっしゃいますが、糖分の摂り過ぎも妊娠中毒症などの原因となりますので常識の範囲内にとどめましょう。

飲酒が及ぼす赤ちゃんへの影響

妊婦さんが飲酒する場合のお腹の赤ちゃんへの影響は、「胎児性アルコール症候群」が心配されます。

アルコールの影響で発育が遅れたり、脳の発育が十分でないなど、障害を持って生まれてくる可能性があります。

元気な赤ちゃんと対面するまでの10ヶ月、人生の中ではほんの短い期間です。考えてみれば短い時間です。

赤ちゃんがお腹にいる時は一人だけの体ではありません。

 - 生活 ,